【山形弁一覧】面白くて悪口にも聞こえる山形弁特集!

山形弁一覧

山形弁ならではの魅力的な山形弁一覧にして紹介します!

山形弁の特徴としては、基本的に声の上がり下がりが少なく濁音が多いこと。

また、「く」=食べる 「け」=食べろ などの短い言葉も使われます。

この山形弁一覧の記事で分かること

  • よく使われる山形弁の意味と使い方
  • 山形弁の特徴的な語尾

50音順の山形弁一覧になっていますので、気になる単語から見ることも可能です!

スポンサーリンク

山形弁あ行一覧

山形弁 意味
あいづ あれ
あべ 行こう
えさばや 魚屋
おしょうしな

おしょーしなっし

おしょーしねー

ありがとうございます
おめさん あなた

あいづ(あれ)

山形弁では、こそあど言葉の言い方に特徴があります。

「こいづ」「そいづ」「あいづ」「どいづ」など、濁音を含んだ山形弁になります。

例文

あいづ、めんこいなぁ。

(あの人、かわいいね。)

あべ(行こう)

「一緒に行こう」という意味の単語で、誘う時に使う山形弁です。

また、「早く行こう」と促すニュアンスで使うこともあります。

例文

一緒に、買い物さあべ。

(一緒に、買い物に行こう。)

えさばや(魚屋)

「魚屋」という意味の山形弁です。いさばやとも言います。

例文

えさばやさ行ぐ。

(魚屋に行く。)

おしょうしな(ありがとうございます)

「ありがとうございます」という意味の山形弁。

お店で買い物をした時や人が集まった時など、生活でよく聞く山形弁です。

例文

見送ってくれて、おしょうしな。

(見送ってくれて、ありがとうございます。)

おめさん(あなた)

「あなた」という意味の山形弁です。

おめと短い言い方の山形弁もあります。

例文

おめさん、だれだ。

(あなた、誰ですか。)

スポンサーリンク

山形弁か行一覧

山形弁 意味
かます かき混ぜる
かせる 食べさせる
ぐずらもずら のろまな様子
ごしゃぐ 怒る
こわい 疲れた

かます(かき混ぜる)

「かき混ぜる」という意味の山形弁で、料理の説明でも使います。

例文

卵をかます。

(卵をかき混ぜる。)

かせる(食べさせる)

「食べさせる」という意味の山形弁。

犬・猫などのペットに使うことがあります。

例文

猫さ餌かせどいでけろ。

(猫に餌食べさせてください。)

ぐずらもずら(のろまな様子)

「のろまな様子」を意味する山形弁です。

例文

ぐずらもずらすな!

(ノロノロしないよ!)

ごしゃぐ(怒る)

「怒る」という意味の山形弁。怒鳴るという意味でも使われます。

例文

おめさん、そだなごどやってっどごしゃがれっど。

(あなた、そんなことやっていると怒られるよ。)

こわい(疲れた)

「疲れた」という意味の山形弁。

具合が悪い・苦しいというニュアンスでも使います。

例文

今朝から、腹がこわい。

(今朝から、お腹の具合が悪い。)

【鹿児島弁クイズ】難解おもしろ鹿児島弁クイズに挑戦!

山形弁さ行一覧

山形弁 意味
さすけねぇ 大丈夫
さだげね 恥ずかしい
しゃね 知らない
じょさね 大したことない
じょんだ 上手だ

さすけねぇ(大丈夫)

「大丈夫」という意味の山形弁で、お礼やお詫びを言われたときに使うことが多いです。

気にしなくていいよというニュアンスでも使われる山形弁です。

例文

「お手伝いありがとうね」「さすけねぇ」

(「お手伝いありがとうね」「気にしなくていいよ」)

さだげね(恥ずかしい)

「恥ずかしい」という意味の山形弁。

情けない・みっともないというニュアンスでも使います。

例文

こんなこともできなくてさげだね。

(こんなこともできなくて恥ずかしい。)

しゃね(知らない)

「知らない」という意味の山形弁。

知らなかったと過去形にする場合は、しゃねっけと言います。

例文

「これ、知ってだっけ?」「しゃね」

(「これ知っていますか?」「知らない」)

じょさね(大したことない)

「大したことない」という意味の山形弁。

簡単だというニュアンスも含みます。

例文

そんなのじょさね。

(そんなの大したことない。)

じょんだ(上手だ)

「上手だ」という意味の山形弁。

よく褒める時に使う山形弁ですので日常方言です。

例文

ほんと字じょんだ。

(本当に字が上手だ。)

スポンサーリンク

山形弁た行一覧

山形弁 意味
たまげた びっくりした
ちょすな 触るな
つかす かっこつける
どだなだず どういうこと?

たまげた(びっくりした)

「びっくりした」という意味の山形弁。

驚いた時に使う山形弁です。

例文

あーたまげたなー。

(あーびっくりしたなー。)

ちょすな(触るな)

「触るな」という意味の山形弁。

ちょすという言葉は、触る・いじるという山形弁です。

例文

かさぶたばちょすな。

(かさぶたを触るな。)

つかす(かっこつける)

「かっこつける」という意味の山形弁です。

例文

なにつかしてんだよ~。

(なにかっこつけてんだよ~。)

どだなだず(どういうこと?)

「どういうこと?」という意味の山形弁。

関西弁で言うと「なんでやねん」と同じようなニュアンスで、ツッコミの時に活躍する山形弁です。

例文

「このさくらんぼ1万円もする!どだなだず!」

(このさくらんぼ1万円もする!どういうこと?)

広島弁クイズ【広島弁クイズ】怖すぎ広島弁難問クイズに挑戦!

山形弁な行一覧

山形弁 意味
投げる 捨てる
なしてんだなや いったい、どうしてなの?
なす 産む

投げる(捨てる)

「捨てる」という山形弁で使われます。

間違えて、投げてしまわないようにしましょう!

例文

ゴミを投げに行く。

(ゴミを捨てに行く。)

なしてんだなや(いったい、どうしてなの?)

「いったい、どうしてなの?」という意味の山形弁です。

例文

財布忘れた!?なしてんだなや。

(財布忘れた!?いったい、どうしてなの?)

なす(産む)

「産む」という意味の山形弁。

産んだという過去形の山形弁にする時は、なしたと言います。

例文

昨日、嫁がおぼごなした。

(昨日、嫁が出産した。)

スポンサーリンク

山形弁は行一覧

山形弁 意味
はらくっつい お腹いっぱい
はんだい テーブル
ふたぶ ほっぺ
へなこ 女の子

はらくっつい(お腹いっぱい)

「お腹いっぱい」という意味の山形弁。

お腹いっぱいになり、満足した時に使います。

例文

さくらんぼ食ってはらくっついは。

(さくらんぼを食べてお腹いっぱいだよ)

はんだい(テーブル)

「テーブル」という意味の山形弁。

例文

はんだいば拭いてけろ。

(テーブルを拭いてください。)

ふたぶ(ほっぺ)

「ほっぺ」という意味の山形弁です。

例文

おめさんのふたぶやっこいなぁ。

(あなたのほっぺ柔らかいなぁ。)

へなこ(女の子)

「女の子」という意味の山形弁。

へなべらで、女の子たちという複数形を表します。

男の子は、やろこといいます。

例文

今日は、親戚のへなこが来る。

(今日は、親戚の女の子が来る。)

【愛知弁クイズ・名古屋弁クイズ】県民熱愛方言クイズ!

山形弁ま行一覧

山形弁 意味
まっきる 頑張れ
まま ご飯
めんごい かわいい
もっけ ありがたい

まっきる(頑張れ)

「頑張れ」という意味の山形弁。

気張るというニュアンスでも使います。

例文

まっきれ!

(頑張れ!)

まま(ご飯)

「ご飯」という意味の山形弁。

お母さんのことではないのは驚きです!

例文

さっさどままけは。

(早くご飯食べなさい。)

めんごい(かわいい)

「かわいい」という意味の山形弁です。

地域によっては、めんこいと発音します。

例文

あのめんごい子誰だ?

(あのかわいい子は誰だ?)

もっけ(ありがたい)

「ありがたい」という意味の山形弁です。

申し訳ないというニュアンスでも使います。

例文

こんな良いプレゼントもらて、もっけだの。

(こんな良いプレゼント貰えて、ありがたいよ。)

スポンサーリンク

山形弁や行一覧

山形弁 意味
やばち 冷たい
やろめら 子供たち
やんだ 嫌だ
やんね 言えない

やばち(冷たい)

「冷たい」という意味の山形弁。

「汚い」や「湿って気持ち悪い」というニュアンスでも使います。

例文

車に水はねられてやばちぐなった。

(車に水をかけられて気持ち悪い。)

やろめら(子供たち)

「子供たち」という意味の山形弁です。

例文

やろめら公園行った。

(子供たち公園行った。)

やんだ(嫌だ)

「嫌だ」という意味の山形弁。

若者の間では、ヤバいというニュアンスで使うこともあります。

例文

宿題なんてやんだ。

(宿題なんて嫌だ。)

やんね(言えない)

「言えない」という意味の山形弁。

しないというニュアンスで使うこともあります。

例文

この秘密はやんね。

(この秘密は言えない。)

【茨城弁クイズ】県民生粋の茨城弁クイズ!

山形弁ら行一覧

山形弁 意味
らんきなる 夢中になる

らんきなる(夢中になる)

「夢中になる」という意味の山形弁。

一生懸命というニュアンスも含みます。

例文

この絵は、らんきなて描いたば。

(この絵は、夢中になって描いた。)

スポンサーリンク

山形弁わ行一覧

山形弁 意味
わらわら 急いで
んだ そうだね
んだべが そうかしら
んまぐね よろしくない

わらわら(急いで)

「急いで」という意味の山形弁。

標準語の人が集まっているイメージとは、大きく異なりますね!

例文

わらわら醤油買ってきてけろ。

(急いで醬油を買ってきてください。)

んだ(そうだね)

「そうだね」や「はい」の意味の山形弁。

会話中に相槌を打つ時にも使います。

んから始まる言葉があるのは新鮮ですね!

例文

「おめさん、明日休み?」「んだ」

(「あなた明日休み?」「はい」)

んだべが(そうかしら)

「そうかしら」という意味の山形弁です。

例文

「おめさん、身長伸びたな~」「んだべが」

(「あなた身長伸びたな~」「そうかしら」)

んまぐね(よろしくない)

「よろしくない」という意味の山形弁。

美味しくないというニュアンスでも使います。

例文

この饅頭んまぐね。

(この饅頭美味しくない。)

【山形弁クイズ】県民笑撃の山形弁クイズに挑戦!

山形弁の特徴的な語尾一覧

山形弁語尾 意味
~けろ ~してほしい
~にゃ ~だよね
~ねが? ~ないですか?

~けろ(~してほしい)

「~してほしい」という意味の山形弁。

お願いをする表現で使います。

例文

それ、とってけろ。

(それ、とってください。)

~にゃ(~だよね)

「~だよね」という意味の山形弁。

そうなんだよねという同調の意味があります。

例文

これ美味しいよにゃー

(これ、美味しいよね。)

~ねが?(~ないですか?)

「~ないですか?」という意味の山形弁。

デートさいがねが?という言葉で、好きな子をデートに誘うこともできます。

例文

一緒にいでけんねが?

(一緒にいてくれる?)

山形旅行に行くときは、ぜひ山形弁の一覧を参考にしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。